ニードヨガ:本格的になってきています!

ニードヨガのご連絡。

 

ニードヨガのトレーニングでは、自己練習の基盤と、指導の理解、そしてマッサージの練習を、

トレーニングの後も、宿題として、6時間行って頂いています。

 

宿題の内容は、

ニードヨガのプライベートセッションを、

6回生徒に指導し、そのレポートを出すというものです。

 

6月に開催したニードヨガトレーニングの宿題提出があり、

その内容があまりにも素晴らしかったので、以下に転載させて頂きます。

(本人には了承済み)。

 

これからニードヨガ、または200時間のトレーニングを受講予定の方、

是非ご参考にしてください。

 

私たちが目指す姿が、このレポートに記されています。

 

---

ニードヨガ  40時間トレーニング 

 

宿題レポート 攫己練習記録】

●毎日練習をした時間
●自己練習で難しかった点
時間配分がなかなかうまくいきませんでした。自分のクセが出てシンプルなキューイングを自分にすることが難しかったです。
あとは自己練習中に教える方に頭がいってしまったり、シークエンスの流れから離れてしまったり…。
外側のことに意識がいってしまい自分自身に意識を向けることができていないんだなと感じました。
●最も楽しめたこと
シンプルなアーサナを積み重ねることの豊かさに気づけたこと。今までなんとなくやっていたことがやっと腑に落ちて、わぁ、こういうことだったんだという発見が毎日のようにありました。自分の身体の感覚が変わっていくのが楽しかったです。
仲間と練習したりシェアをすることでより深まりました。
●気づいた変化
パピーポーズまでの流れで腕や背中の使い方を学んでいくうちにウルドゥワハスタのときもウトカタアーサナの時も手を挙げる時の上半身はこの意識なんだということが分かりました。他のポーズもそうですが、安定した場所で練習する事で余分な力を抜くことができたり、集中力を持って練習できると改めて思いました。
私は立ちポーズが苦手で前の足ばかりに体重がかかり後ろ足が踏めず不安定でしたが、ニードヨガの練習をすることで脚の使い方がわかり、脚が強く使えるようになり安定してきました。土台が安定してはじめて呼吸や身体全体を感じることができる。だから脚を使うこと、アライメントを整えることが大切なんだと思いました。
ブロックを使った橋のポーズを練習する事で肩で床を押す感覚が掴め、いつの間にか肩立ちのポーズが上手にできるようになっていて驚きました。
今までヨガをどのように伝えたらいいんだろうと迷うことも多かったのですが、練習することが自信に繋がってきたと思います。少しづつ身体が変わっていく喜びや可能性、無理のない形の中で呼吸を味わうことなど、自分が感じた喜びを背のびせず素直に伝えられたらいいなと思うようになりました。
●どのポーズが一番好きか?その理由も
ダウンドック。一番数多くやっているポーズだけど毎日、毎回感覚が違っていてその時々の変化を感じることができるから。居場所がなかなか見つからなかったけど、少しわかってきた気がするから。
宿題レポート◆撻法璽疋茱記録】
(6セットまとめての記録です)
●指導をした感想。
1人の生徒さんを続けて指導することで、変わっていく過程を見る事ができて良かったです。次はここを重点的にやってみようとか、その人を丁寧に見ることでその人の為のプランを練ることができたのが楽しかったです。
家族に生徒になって貰ったのでリラックスして行えましたが、少し甘えがあったかもしれません。
自分の体調と心を整えてすることの大切さと、慣れが出ないようにいつもニュートラルに少しの緊張感を持って行なうことを気をつけなければと思いました。
●ポーズの順番とマッサージの流れを忘れず実施できたか?
ポーズの順番は大丈夫でした。
マッサージはヨガの方が長引いて時間が短くなったり、いくつか飛ばしてしまった時もありましたが違和感はなかったと言われたのでスムーズにはできていたと思います。
●生徒の体の観察はできていたか?
マンツーマンということで、落ち着いて観察することができました。アルダウッターナで丸かった背中が回を重ねるごとに伸びていったり、ダウンドックも苦しそうだったのがいい場所にいられるようになってやっていることが繋がってきたのがわかりました。生徒さんをみながら必要なことだけをキューイングするように心がけ、自分だけで解決できなかった事は後日仲間の知恵をかりる事で対処できたのが良かったです。
●マッサージのテクニックはどうだったか?
はじめは体重をうまく乗せることができにくかったのですが、回を重ねるごとにコツが掴めてきたと思います。
マッサージの途中で生徒さんが寝てしまうことが多かったのですが、気持ち良かったと言って頂けました。
ポイントで呼吸のガイドがあると力が抜けるとフィードバックを頂いたので息を合わせることも気をつけるようになりました。
●生徒は楽しんでいたか?生徒が一番楽しめたところはどこだったとおもうか?
とても集中して取り組んでくれました。身体の左右差や、硬さ、バランスが苦手なことなど自分自身に発見があったことと、回を重ねるごとにポーズが上手になっていくのを楽しんでくれたように思います。
あとはマッサージを楽しみにしてくれていたと思います。
言葉でのキューイングと身体に触れるアジャストはどうだったか?
言葉でのキューイングは必要なことだけを言うように心がけましたが、つい言葉数が増えてしまったり分かりにくいこともありました。フィードバックをもらった事は次回でお伝えできるようにしました
アジャストは触るとき、離れるときを丁寧に行なうことと、落ち着いてキューイングをしながら息を合わせることが大事だなと思いました。
つい相手を動かそうとしてしまうことがあり、そういう時は相手も余計に力んで硬くなってしまうので相手に沿っていくようにしたいと思いました。
アジャストは言葉だけでのキューイングよりも直接的に生徒さんの身体に影響を与えるので、マッサージとともに練習を重ねていきたいと思います。
宿題レポート【生徒の初回受付用紙】


●お名前  (ブログのため匿名)


●どんな活動をするのが好きですか?
しっかり汗をかく動きが好きです


●体でしっかりと居心地よく動ける箇所はどこですか?
肩・腕廻りです。


●硬く、弱いと感じる箇所はどこですか?
腰(痛めている為)、腿裏の筋が固い


自宅でヨガの練習やリラックスをどのくらい行えるようになりたいですか?
一日10〜20分程度くらい


●現在慢性的な痛み、病気、また怪我がありますか?
腰(椎間板狭窄症の手術後約一年経過)
 

 

 

宿題レポートぁ收古未らのフィードバックフォーム】
●ニードヨガのコースを楽しめましたか?
とても楽しめました。

●何が一番助けになりましたか?
先生の的確な指示(力の加えきれていない所を的確に優しく指示をくれたところ)

●マッサージは良かったですか?
とても気持ちよく何度も寝てしまいました。

●ここで学んだことに基づき、自分で短いヨガの練習が行えそうですか?
少しずつ出来る範囲で行いたいで

●コースは有益だったと思いますか?
とても有益でした。

●このヨガとマッサージのセッションをもう一度受けたいですか?
はい。受けたいです。汗をかけたうえで、最後にマッサージでリラックス・充実出来る良い体験でした。

●友達に紹介したいと思いますか?
はい。是非。

ニードヨガを受けて頂きありがとうございました。
 

 

 

at 22:01, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

リストラティブヨガ 練習と指導 15時間トレーニングを終えて

7月、梅雨の雨の合間、恵みの青空の下で、

3日間のリストラティブヨガ指導者トレーニングを無事終えることができました。

 

5時間を3日間、15時間のトレーニング。

できるだけたくさんのことを、生徒の皆さんに学んで頂けるように、

クラスの体験と説明、そして実践を、しっかり行えたと思います。

 

 

 

今回はアシスタントの方にも2名入ってもらい、

生徒さんと、アシスタントさんと、私とで、

色々、助け合い、意見交換し・・・。

 

トレーニングなんだけれど、

リストラティブを3日間やると、

3日目はみんな、まったり〜という顔で、

朝のクラスもかなり深く入るのは、

毎回、同じパターンです。

 

実は私もこのトレーニングの前の週に、

大きなストレスを抱えるような出来事が連続していました。

 

あ〜、うまく波に乗れないときって、

うまくいかないことが、連続して起こったりしますが、

まさに、そういった1週間、いや、それが2週間ほど続いていました。

 

リストラティブヨガのトレーニングでも、

最初にみんなに、そんな話をしたりして、

 

人生でアップダウンがあるのって、当たり前なので、

 

みんなとリストラティブを共有することで、

 

私の抱えてた問題も、自然にゆだねるしかないか、と、

 

問題を問題視しなくなっていきました。

 

(まるで、修学旅行のようでしょ、この写真)。

 

人は、人生がダウンの方になると、落ち込みます。

 

そしてさらに、「落ち込んでいる自分に落ち込みます」

 

OSHOが言っていました。

「鬱になっても良いが、鬱になった事実に鬱になるな」と。

 

笑。

 

ストレスは、

何かを自分がコントロールできない時に、感じます。

 

その状況から、自分を抜き出すのか、

その状況を変えるのか、

自分を変えるのか、

 

この3つのチョイスがありますが、

 

そのどれをも、実行することができず、

悶々としている状態が、ストレスです。

 

リストラティブヨガは、

あえて、「何も行わない」、ことをします。

 

Doing から Being へ。休んだ状態で、自然に任せてみるのです。

 

 

 

そんなことをやっている間に、3日間は、あっという間に、過ぎていきました。

 

そして、トレーニングの翌週、

私が抱えていた問題も、キレイに、おのずと、解決していました。

 

冷静であることって、

そんなに簡単にできることではありません。

 

冷静にあろうと、自分を制するよりも、

ちょっと1時間休憩して、リストラティブヨガをすると、少しずつ楽になっていく。

そして、自然回復が起こる環境が、整ってくれます。

 

 

今回も、トレーニングに参加された方々、ありがとうございました。

またやりましょう!

 

at 18:30, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

200時間トレーニングを終えて(2015-2016)

Open Source Yogaによる全米ヨガアライアンス200時間トレーニング。

2015年10月からスタートし、8ヶ月かけて学び、今年6月に無事終了しました。

 

8名の生徒という少人数制で、仲間同士助け合い、共に練習し、

しっかりとした指導力をつけて、卒業された方たち。

改めて、おめでとう!と言いたいです。

 

もともと、私の生徒さんだった方、

まったく別のところでヨガをしていた方、

さまざまなバックグラウンドで、

さまざまな、人生のステージにある人たちが、

 

200時間という時間をヨガにコミットして、

本当に、がんばったと思います。

 

大人になって、これだけの時間を、

自分の学びのために(自己投資)使うことは、

なかなか、ないことだと思います。

 

そういう意味で、

ヨガの200時間トレーニングって、

やはり、ほとんどの方にとって、

「一生に一回きり」の、

自分への、贈り物です。

 

卒業していく人たちが、

不安のない状態で旅立ってほしいと思っていました。

 

すでに、指導を始めた人や、

私のクラスの代行をしてくれている方がいますが、

彼らの指導に、私は不安がありません。

 

これからみんな、

更に学び続けていかれる思いますし、

自分の世界をもっと深め、

それぞれのギフトを、

この世界に、送り続けてくださいね。

 

指導という道を選ばなかった人も、

この200時間、仲間や先生と過ごした時間が、

人生の、なんらかの助けとなると信じています。

 

 

そして毎回のことですが、

みんなのお陰で、

素晴らしトレーニングが実現したのです。

 

本当にありがとう。そして、おめでとう♡

 

トレーニングの感想:

感想頂き次第、随時更新していきます → 生徒さんの声

 

---

新たに!

2016年のトレーニングは10月スタートです。

●ヨガのセルフプラクティス

●アラインメントの理解

●プライベートセッションでの指導

●アジャストのやり方とマニュアルセラピー

●グループレッスンでの指導

●陰・リストラティブ・アーユルヴェーダ・マタニティの基礎

●哲学、歴史、ライフスタイル・道徳観の考察

●指導法

などを、時間をかけて学びます。

詳細はこちらのページから → 全米ヨガアライアンス200時間トレーニング

 

 

 

 

at 20:57, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

ニードヨガ ティーチャートレーニング in 岡山 

2016年6月、岡山市にて、

ダン先生とニードヨガ ティーチャートレーニングを開催してきました。

 

実はこれが、日本で初めて行う「ニードヨガ 40時間トレーニング」でした。

 

といっても、トレーニングには6時間の宿題があるので、

生徒のみなさんは、まだ宿題に取り組んでいます。

6時間の宿題というのは、ニードヨガのクラスを6セット、誰かに無料で提供し、

その感想や、生徒のフィードバックをまとめて、提出するというものです。

 

このトレーニングは、

5日間で、体全体に働きかけるヨガのフローと、

簡単な30分のタイマッサージを学ぶというもので、

 

ヨガをプライベートでしっかり指導し、

最後にタイマッサージでリラックスしてもらい、

さらに、生徒を勇気づけ、

上達させることができる指導者の育成をする内容です。

 

なので、実践のクラスのあとも、

6時間のクラスを実際に行ってもらって、

学んだことを体得して頂くというのが、ゴールです。

 

今回、5日間かけて、

シークエンスの流れを学んだのみならず、

良かった点として、

「よくあるミスアラインメント」について、

学んでもらうことができたことと、

そういった点から考えても、

アジャストを行う際、

「誰にでも同じアジャストをすれば良いわけではない」

ということを、理解してもらえたところです。

 

ヨガの指導は、

キューイングをして、

相手を観察して、

そこにあるミスアラインメントに対して、

さらに必要なキューイングをするか、

または体に触れてアジャストするか、

という判断が必要になります。

 

アジャストをする際も、

キューイングしながら行うことで、

相手は、

言葉と、体の感覚で、何をやっているか、理解してくれます。

 

そんなところを、しっかり学べたのではないか、と思います。

 

それにしても、岡山、トレーニングでは、

毎日手作りの菜食ランチを出してもらいました。

(白猫さん、ありがとう)。

 

和気あいあいと、みんなでゆったりお話ししながら、

いっぱい食べて、

おやつタイムまであって、

手作りで、ケーキやクッキーや、チャイティーなどが、

毎日出てきました。

 

トレーニングのあとは、

岡山市内で食事をしましたが、

 

なんと、居酒屋の多いこと!

 

また、学生も、サラリーマンも、

とても楽しそうで、

私もダン先生も、

Okayamaスタイルが、とっても好きになりました。

 

メンバーを集めてくれた、Makiさん、ありがとう。

毎日送迎をしてくださった生徒さんも、ありがとう。

ランチとおやつを用意してくれた白猫さん、ありがとう。

 

またお会いできますように!

at 19:20, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

ヨーナス ウェステリング先生 - タイ式ヨガ ティーチャートレーニング

2016年5月14日(土)~18日(水)、
ヨーナス ウェステリング先生による「タイ式ヨガ ティーチャートレーニング」を開催しました。

このトレーニングでは、
90分のタイ式ヨガのシークエンスに必要な実践テクニックを、5日間かけて体得しました。

タイ式ヨガとは、安全かつ効果的に生徒やパートナーの体に触れながら行うヨガです。
参加された生徒の方々は、ほとんどがヨガの先生でしたが、
ハタヨガの指導に加え、これからは、タイ式ヨガも組み合わせながら、
より深いクラスを提供できるようになれたと思います。

ヨーナス先生は、理学療法士であり、ヨガの先生であり(30年の指導歴があります)、
そして、鍼灸師でもあり、タイマッサージセラピストでもあるという、体の専門家です。

トレーニングの間、毎朝アヌサラヨガのオープンクラスを開催しましたが、
指導のキューイング、シークエンス、素晴らしいものでした。


ヨガの先生には、旅人が多いですが・・・、
ヨーナス先生も、一年のほとんどが、旅の先生でした。
世界各国で指導されている先生に指導して頂き、刺激的でしたね。

アヌサラヨガの認定指導者でもあり、
アヌサラヨガをやってほしいという声が多々ありましたので、

2017年の6月に、
「アヌサラヨガとヨガセラピューティック」のトレーニングを開催予定しています。
詳細が決まり次第、また皆さんに、ご連絡いたします。

トレーニング、オープンクラスに参加された方々、ありがとうございました♡


 

at 19:27, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

2016年トレーニングなど・・・諸々報告

2月は毎週ヨガのトレーニングか、ワークショップの月でした。
以下に報告します。
------------------------------
【200時間トレーニング】
2月6−7日、12−14日は、ヨガアライアンス200時間のトレーニングでした。
2015年10月からスタートしたトレーニングも、半分過ぎてくると、
生徒さんの知識や能力が深まってくるので、
単発で参加される方の受付は現状していません。
(すでにダン先生の200時間を受けている人は再受講可能です)。

生徒さんがどんどんスキルアップしていかれる姿を見させて頂いています。

またこのステージになると、
それぞれが、どんなヨガを提供していくのか・・・。

自分のギフトは何なのか・・・
内側に問いかける機会を多く与えられますね。

同時に、仲間同士でも、お互いの資質を言語化したりして、
感動的な時間、
また、ちょっときついかも!と感じる時間も、
あったかもしれません。

他の誰かになる必要はなく、
自己価値を証明する必要もなく、
自分と親密になりながら、
与えられるものと、触れあってください。

トレーニングの後半は5月~6月。最後まで楽しんで頑張りましょう!

------------------------------
【ヨガの入門トレーニング】
2月20日~21日は、津市にてヨガの指導入門15時間トレーニングを開催しました。
20名の生徒さんが参加してくださり、基本に戻ってヨガのすばらしさを感じた二日間でした。

もともと、大勢の中にいるのが苦手〜、
と感じでいた人、
体も動けるか心配してた人が、
二日間やり抜く姿を見ると、

ああ、この人は大丈夫だな、と思います。

ヨガのポーズだけではなく、

コミュニケーションの仕方、

表情、

ポーズへ挑戦する勇気とコミットメント、

また、先生の説明を一生懸命に聞いている眼差し・・・。

自分って、自分で思っているようなものじゃない。
いろんな人に、いろんなこと言われて生きてきたけど、
自分の足できちんと立って、
何かを行う姿って、これからの大きな自信につながる。

このクラスではマッサージの実習も行いました。
触れることでのコミュニケーション。

今回はなんと、岡山から参加してくれた方もいて・・・。
ヨガの仲間の輪が広がっていきます。



------------------------------
【これからのトレーニング】
2016年からは、いよいよ、ダン先生のニードヨガトレーニングがスタートします。

このニードヨガは、入門クラスを何度か開催したのですが、
それを受けただけでご自身の指導が大きく変化し、
生徒さんの方に「これはどこで学んだの?」と聞かれる指導者もいます。

ヨガのポーズで何を行っているかがしっかり学べ、
アジャストもできるようになり、
30分のマッサージも体得できます。
諸々、今後詳細をアップしていきますね。
 

at 00:24, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

Elissa先生の指導者スキルアップ(上級レベル)トレーニングを終え・・・

今年の秋は沢山のヨガトレーニング、イベント続きで、ヨガ人生を謳歌していますが・・・。

11月後半に行われたElissa先生による「指導力スキルアップトレーニング」では、
多くの指導者の方が、練習や指導について新しい発見をしたばかりでなく・・・、

先生も含め、お互いの繋がりを深められた、貴重な4日間となりました。

このトレーニングには、札幌や東京からも参加者があり、
普段は会話をすることがない仲間と、和気あいあいと、刺激し合えた楽しい時間でした。

心や体にセラピー的に働きかけるヨガのポーズの取り方や、指導の仕方を、とても濃〜い内容で学べました。

生徒さんのどこを観察し、それを最適に修正するために、どのような言葉がけをするべきか。

どのように体に触れるべきか・・・。

アクションをいかに分かりやすく「言語化」するのか・・・。

シークエンスの作り方のクラスでは、目からウロコの方法論を教えてもらえて・・・。
とても贅沢な時間だったと思います。

朝のオープンクラスでは、みんな筋肉痛になりました(笑)。
エリッサ先生の軽やかな冗談と優しさに、筋肉痛も、癒されました(笑)。



トレーニング終了時、涙がほろりと出てきた人が何人かいたけど・・・。

「自分に厳しくなると、相手にも厳しくなるからね」と、エリッサ先生は言っていました。

指導者でも、「失敗」しても良いということ。

失敗を恐れていたら、前に勧めない。

そして、仲間がいるって、本当にステキなことだと、つくづく感じさせられた4日間でした。

トレーニングは、生徒さんいるからこそ、成功するのです。
いつも、主役は「みんな」だなと感じるたびに、私も感動をもらいます。

それと、今回エリッサ先生を呼んでくれた、ダン先生にも感謝です。
こんな経験の豊富な先生2人と一緒の時間を過ごせて、貴重な体験でした。

4日間、お疲れ様でした!(愛を込めて♡)


【生徒さんからの感想】
エリッサ先生との出会いを、ありがとう(o^^o)
感謝、勇気、愛、暖かさ… たくさんのTTでした。
このTTを企画してくれたクミ先生に最大の感謝を。ありがとうございます!
やはり、ヨガはいいですね。心と身体を繋ぐ…そんなことすら忘れてました。自分のレッスンで、たくさん言ってたのに(笑)

忙しさの渦中にいる人は、そんなことすら受け入れられない、難しいことなのだと(思いました)。
同じような人に出会ったらなにか助けになれたらいいな、と思いました。

そして、みんなと繋がってることも、すごく感じました。この4日間のうち、またヨガが馴染んで来た2日目くらいから、あの場所にいられることを、ヨガに戻ってこれたことに感激し、気を抜くと涙が溢れそうでした。

今の私には、エリッサ先生の溢れんばかりの愛や明るさ、200時間の時よりも、もう少し繊細な身体の使い方の指導は、とても有難いもので、必要な出会いでした。浮世を忘れ、ヨガに必死になってる時間はなによりも贅沢で、かけがえのない素晴らしい体験でした。クミ先生、エリッサ先生との出会いをありがとう。感謝。今は感謝で満たされています。また一緒にヨガができますように。
(Y Rさん)


公美さんがいてくれるお蔭で私が成長できます。
このような機会を与えてくれた事に感謝の気持ちで一杯です!
本当に本当にありがとうございました💕また桑名へ行きます

(K Sさん)


何だか、不思議な事に終わってから子供を産んだ次の日のように感謝しか生まれません^_^
(T Mさん)


大好き♡
(M Nさん)



※みんな、ありがとうございました!
 

at 17:26, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

東京でのヨガセラピューティック

2015年10月10日(土)〜11日(日)、東京自由が丘のヨガスタジオ「ハートワン」にて、
ダン先生の「ヨガセラピューティック入門15時間トレーニング」を行ってきました。


(渋谷のスクランブル交差点)

東京は初めての経験でしたが、オープンクラスにも沢山の方が来てくださり、
全トレーニングに参加された方々も、ステキな生徒さんばかりでした。

ヨガのスタイルは色々あるけれど、そして色々あって良いけれど、
安全で効果的で、生徒が納得のいくクラスを提供していきたいと、ダン先生は考えていると思います。

一般的にヨガのクラスって、スタジオで「体を動かすこと」がクラスの大半を占めるのだから、
体についての安全に効果的に指導できるような先生を育てることが、とても大切です。



東京の生徒さんにも伝わったと思いますが、
ダン先生のクラスの特徴は、終わった時に、体も頭も納得している!という点です。
曖昧でぼんやりしているということがほとんどなく、最後に頭がスカッとして、発見、納得、やる気!が起きます。

私たちはまた、できるだけ長く、関わった生徒さんたちと、繋がって、
みんなに育っていってほしいと思っています。
できるだけフォローアップをしていきたいと思っています。

そしてこれからは、
タイマッサージなども入れながら、
プライベートでヨガをセラピー的に指導することができる指導者を育てることも、
やっていきたいと思っています。

今回東京のセラピューティックの最後は、涙があふれる感動のコメントがいくつかありました。

「迷いがあったけど、自信が出た」。

「自分が本当に向き合わなければならないことに、向き合う勇気をもらった」。

改めて、ダン先生の指導の力を感じたと共に、また新しい仲間ができたこと、感謝をしています。



東京の生徒の皆さん、主催の西川尚美さん、
スタジオ「ハートワン」の社長さん、スタッフの皆さん、
ありがとうございました。またお会いできることを、楽しみにしています!



 

at 23:16, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

札幌でのティーチャートレーニング

9月18日(金)~21日(日)
札幌にて、ダン先生のヨガワークショップ&トレーニングを行ってきました。

金曜の夜はアーサナとヨガニードラのワークショップに、
30名を超す方が参加されました。



土曜~日曜は、300時間対象のトレーニングを行ってきました。
「指導力スキルアップ基礎」の20時間コースですが、
やはり、アラインメントの積み上げ、
それをいかに生徒の体で具現化していくか、
という、指導者自身が体感しながら学んでいくスタイルで、
「納得!」するトレーニングとなりました。

毎回思いますが、
ダン先生は、最初インフォメーションを、
基本的なことから、いくつかの「点」で与えていきます。
生徒はとにかく、それをやってみる。
でも、最初はいつも不思議な感じで、
どこへ導かれるのか、頭をかしげることも、あるかもしれないのですが、

トレーニングが進むにつれ、
点と点が繋がり、線となり、線が繋がり面となり、

みんなの目の輝きが、変わってきます。

それを見ると、ダン先生も私も、「体と頭に伝わった瞬間」を、
生徒の輝きがら感じ取ることができます。
(これがとっても嬉しい瞬間です)。



ダン先生や私は、「自分の知っていることしか、教えられない」と思っています。
体得したことしか、教えられない。

そして体得したことを、
今度はいかに、人に伝えるか、という方向へと進みます。

そのツールとして、
言葉や、デモや、体に触れること、ができます。



が、特に言葉は、とても難しい。
体で行うこと、感じていることを、「言語化」していく。

また、実際に生徒の体に何が起こっているのか、
観察できる目を持っていなければ、
指導も、アジャストも、できるはずがありません。

今回札幌の生徒さんは、
200時間のトレーニングを受け、実際に指導している方がほとんどでした。
とってもレベルの高い生徒さんばかりで、
学びたい気持ちでいっぱいなのが伝わってきました。

また、様々なスタイルの練習をしながらも、
それらの良い点、あまり好ましくない点を、自分なりに理解し、
上手に良い点のみを統合し、自分のものにしていかれている人たちがおられました。

とてもステキだなと思いましたし、
これからの札幌の方々のさらなる進化が、とても楽しみです。

ダン先生の指導はとてもシンプルで、どんなスタイルのヨガをしていても、
安全、効果的、セラピー的である要素を、再確認させてくれます。

札幌のトレーニングが終わった時の、皆さんの笑顔、満足したような表情は、
ダン先生が伝えたかったことが、伝わった証かな、と思いました。

また、札幌の生徒さんは、とても気さくで、親切で、
心温まるおもてなしで迎えてくださりました。
ダン先生と共に、感謝の気持ちでいっぱいなのと、これからの成長が楽しみでワクワクしています。


札幌の同志!ありがとう。また、会おうね!

 

at 22:50, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

秋から始まるヨガ三昧 ー 全米ヨガアライアンス200時間、その他トレーニング情報(桑名市にて)

ナマステ!

8月も終わりに近づき、秋の兆しが感じられます。
秋になると、空がちょっと遠くに帰っていくような感じがしますね。
私たちの周りにも、これからよりシャープば空間が広がり、より学びが深まる季節です。

10月から、ダン先生の200時間トレーニングが始まります。
今年はすでに、ショートトレーニングで200時間に加算可能なトレーニングを受講されている方もいます。

ヨガのティーチャートレーニングは、指導者になりたいという人だけではなく、
ヨガの理解を深めたい、ヨガによって生活をより良くしたいと感じている方にも、受けて頂けます。

大人になってから、自分にこれだけの時間を与えることは、なかなかないと思います。

私はヨガのトレーニングをいくつか受けてきましたが、そのすべてが人生を変えるような体験であり、
そこで学んだことを日々練習し、生きることをした結果、今の自分がいる場所に辿り着きました。

私の生き方や、指導(ヨガも英語も)、さらには通訳も、そのすべてが、ヨガと瞑想の影響を受けています。

そして、そんな生き方がとても好きです。

そんな体験を生徒さんと共有したく、色んな先生を日本から、そして海外から招いてきました。

できるだけ、誰でも参加できるように、10月〜2月は基本的な内容、
でもとても大切なことを伝えるショートトレーニングをいくつか開催します。
200時間すべてを受けない人でも、単発で受けて頂けるトレーニングです。
ポーズの基本、解剖学、ヨガ哲学を学ぶことで、今後のヨガの練習に確実に違いが出てきます。
ショートトレーニング詳細はこちら→ http://shakti-mandir.com/event/

もっと深く学びたい方は、200時間すべてのトレーニングを受けてみてください。
200時間すべてを終えた時の感動は、きっと一生忘れられないでしょう!
トレーニングの詳細はこちら→ http://shakti-mandir.com/teacher/

皆さんと沢山のヨガの時間を過ごすことを、楽しみにしています。
 

at 22:43, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -