リンゴ

カナダのTexada島に引っ越してきて、1ヶ月以上が経ちました。

 

8月も後半になってくると、

朝晩は日本の10月くらいの気温しかなくて寒いです。

日中はお天気が良いとまだ暑いけど。

 

この1週間、家でひとりで留守番をしています。

ダン先生(同居人-というか、彼の家に私が居候・・・)が出張に行っていて、

私は島でお留守番。

 

毎日ほとんど誰にも会わないで、ほとんど誰とも話さない。

これがとても快適なのです。

 

秋に近づいてくると、島にはあちこちに野生のリンゴが実り、

朝の散歩でリンゴを採っているおじさんとかに遭遇します。

 

野生のリンゴ、ほとんどの木に幼虫がいて、

幼虫とリンゴを分け合うみたいな感じで、

人は幼虫のいないリンゴで、甘そうなのを採ります。

 

形はとても歪(いびつ)。

 

野生のリンゴの種類も色々あって、

小さいリンゴ、大きいの、

甘いの(といっても自然のリンゴはすっぱい)、

めちゃくちゃすっぱい(レモン並み)のなどがあります。

 

● 台所のリンゴコレクション(一部洋梨)●

 

先日家にいたら、近所のおじさんがやってきました。

 

「前の家に住んでいるジムです」

 

前の家?

前の家って、若いカップルと猫と赤ちゃんのいる家で、

おじさんなんて、住んでたっけ?

 

「毎年この家の庭のリンゴを採らせてもらっていて、

今年もバケツ一杯くらい、採りに来ても良いなか?

料理に使うんだけど」

 

ジムさんは、持ってきたボロボロのバケツを指さして言いました。

 

あ〜、この人は、

前の家の庭にトレーラー(キャンピングカー)を置かせてもらって、

そこに住んでいる人なのかもしれない!

 

と、前の家の脇にある古いトレーラーを思い出しました。

 

「もちろん、いくつでも持っていってください。

私は背が低くて採れないし・・・。

というか、ここのリンゴ食べれるの?

幼虫がすごくいっぱい巣を作っているけど・・・」

 

「幼虫は食べないようにしたら大丈夫!」

 

笑!そう、これが究極のオーガニック商品。

 

そう言って、ジムさんがいくつかリンゴを採りました。

 

● そのリンゴがこれ ●

スライスしてもらって食べたら、ちょっと酸っぱいけど、美味しかった。

庭に毎日鹿が来て、木から落ちたリンゴを食べてるけど、なるほど、美味しいもんね。

 

それにしても、

この島には色んな生き方してる人がいて、

 

島では家の鍵もかけなくても安全で、

貧乏な人も多いけど、

なにせこの村には100人足らずの人しか住んでいないので、

みんな顔見知りになって、

昔の日本みたいに、安心して暮らせるところ。

お店も何もないんだけど・・・。

 

同じ日、朝の散歩では、

別のおじさんが木をかき分けて別のリンゴを採っていました。

毎朝スムージーにして食べると言っていたそのおじさん、

というか、おじいさん。

いつもポケットに犬用ビスケットを入れていて、

犬にビスケットをあげるのが日課みたいな人。

 

私にも一個採ってくれました。

 

● 小ぶりだけど美味しいらしい ●

これはまだ食べていません。あとでのお楽しみ。

 

実は先週私もリンゴを採ったんだよね。

赤かったし、かわいかったし、美味しそうだったから。

でも、これらはめちゃくちゃすっぱくて、絶対食べられない感じ!

 

● 見た目に騙された ●

 

この村の唯一のスーパーでも、リンゴは売っています。ほとんどがアメリカ産。

 

● スーパーのリンゴ ●

お店で売っているリンゴは本当に甘いんですね!

 

ところで、家の玄関前には、野生の洋梨の木があって、

こちらも幼虫だらけなんですけど、

この洋梨がとてもおいしくって、甘くって、お気に入りです。

 

● 家の洋梨 ●

やっぱり形は歪で、かなり小ぶり。

果物は食べごろになると勝手に落ちてきます。

 

ただ、リンゴは、あまり赤くなりすぎると、えぐくなるらしく、

いつ収穫するかが、結構鍵になるみたい。

 

夏も終わりに近づいてきて、

夏の果物を沢山食べておかないと!と、スーパーでブルーベリーも買ってきましたが、

大量でもたった300円〜400円くらいの値段で買えます。

 

 

島では散歩くらいしかすることないけど、

リンゴでこんなに楽しめるなんて、素晴らしい夏の終わりだな。

 

at 03:51, shakti-mandir, 13. 島の生活(カナダ)

-, -, - -

息子が来た

8月は色々忙しい月でした。

 

といっても、日本にいた時の忙しさに比べたら!

笑っちゃうほど、忙しくないんだけど。

 

何が忙しいって、

毎日あまりにも素敵な天気だから、

海に行ってボートに乗ってアザラシ見て、

あとはご飯作ったりするだけなんですけど・・・。

 

つまり遊んでいただけなんだけど・・・。

 

しかしそれに加え、

8月は息子19歳がカナダに引っ越してきたので、

久しぶりにバンクーバーまで迎えに行って、

バンクーバーで4日過ごしました。

 

それにしても、バンクーバーはすごいね。

以前(20年前!)暮らしていたノースバンクーバーも含めて、

人口が増えまくって、家の価格も物価も上がりまくり、

交通渋滞は半端じゃないし、人の数も多いの。

 

たまに行くと楽しいけど、

いつ行っても、あそこで生活している人たちは、

どうやって稼いでいるんだろうと、思わないわけにはいきません。

 

家は1億から2億円するし、

知り合いの固定資産税なんて、8000ドルって(75万円くらい?)だって。

 

物価も高いけど、普通の仕事してたらそんなに沢山お給料もらえないから、

どうやってやっていっているんだろうな。

 

私が暮らしていた20年前は、

ノースバンクーバーの家は3000万円くらいで買えたような気がします。

あの時家を買っておけば!

今頃売り飛ばして大金持ちになれていたのにな〜

って、

あの頃3000万円の家なんて買えるお金なかったから、そもそも無理。

 

 

息子はこの9月からノースバンクーバーの大学に9ヶ月行く予定で、

ノースバンクーバーに彼の父親が住んでいるので(私の元夫)、

そこへ引っ越してきたのです。

 

私はバンクーバーでは買い物しまくりました。

島にお店がないから、たまにお店があるところにくると、買っちゃうな。

 

梅干しとか、味噌とか、蕎麦も、買えました。

 

そして、息子は1週間島に遊びに来てくれました。

 

島では毎日、散歩して、海行って、湖行って、ご飯食べて、映画観て、終わり。

彼も人混みが嫌い、都会が嫌いみたいなので、良かったんちゃうかな。

 

それにしても、ボートは私も息子も、下手。

カナダ人はすごいね、生まれつきボート漕ぎができる才能持って生まれてきてるんちゃうか!

というくらい、みんなボートとかカヌーとか普通に乗って上手。

 

日本の人たちは、便利で綺麗な環境にいるから、

私も含めて、サバイバル力に欠けます。

 

カナダはワイルド。

でも、私はワイルドになれない。たぶん、ワイルドになったら、死ぬかも、マジで。

スノーウィー(犬)も、無理。

無理なことはやらない。

カナダにいる日本人と日本生まれのトイプードルのままで良いのです。

 

 

 

 

at 04:25, shakti-mandir, 13. 島の生活(カナダ)

-, -, - -

Onlineレッスンの様子

昨日、久しぶりにフェリーに乗って、

Powell River という小さな町に出かけました。

 

町には、大き目のスーパーがあったり、

スタバがあったりして、

 

何もない島から比べると、

都会!って感じで、興奮し、

帰宅すると結構疲れてたりします。

 

でも、レストランもいつもと違うところに行ったり、

お店でエスプレッソ飲んだりすることが、

本当に、特別記念日みたいなイベントに感じます。

 

近所の人にもらった巨大なインゲン豆とキュウリ↓

 

ところで、

先週から少しずつ、オンラインコースを始めましたので、

その報告を以下に書きますね。

 

 

◎オンラインヨガ◎

オンラインヨガは初めてのトライでしたが、

びっくりするくらい、

スタジオでのプライベートセッションと、あまり変わりませんでした。

生徒さんはなんと、スマホの画面で私の指導を見ながらヨガをやってくれました。

 

60分くらいのクラスが適切だと思います。

 

途中で電波が悪くなることも少しありましたが、

クラスに支障が出るほどではありませんでした。

 

クラス後、60分のヨガで何をやったかを、

ワードに記してお送りしました。

 

クラス内容は、

生徒さんの日常生活や、体の硬さ、痛みを考慮して組ませてもらってあり、

今後も同じヨガのクラスを何回か行うことで、

ご自身で少しでもヨガを活用してもらえたら良いかなって思います。

 

 

◎オンライン英会話◎

こちらはすでに数回セットで進んでいます。

英語での自己紹介、基本のグラマーから入り、

 

私は英語ではアウトプットがとっても大事だと思っているので、


生徒さんのペットの犬について、

「思い出日記」を英語で作成することにしました。

 

それを、写真と一緒にスケッチブックにまとめてもらい、

英語で人前で発表できるとこまでいきたいですね。

 

 

◎オンラインメンタリング◎

これはまだ予約を頂いているだけで開催していませんが、

ヨガの指導を始めて行うにあたり、

指導においての疑問点や、クラス構成の仕方など、

必要に応じ、定期的にでも、単発的にでも、

アドバイスしていきたいと思っています。

 

 

オンラインコースに興味のある方は、

こちらをご覧くださいませ→ ★オンラインコース

ヨガと英語に関しては、初回は無料で体験レッスンが受けられますよ!

 

 

最後に、

最近島で、車を借りて乗っています。

ミッションです!

が、島には信号がないので、

ミッションでも、あまりギアチャンジせずに、

楽に運転できます。

 

島のフェリー乗り場の近くに、

美味しいマフィンが売っているお店があります。

そこに運転していく15分が、私の最近の遠出です。

 

at 08:41, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -

Onlineレッスン

7月より、カナダからオンラインで、

ヨガ、

英語、

ライフスタイルカウンセリング、

指導者へのメンタリング、

の60分のクラスを始めました。

 

先日、日本の英会話の生徒さんと、

オンラインでクラスを開催しました。

 

日本とカナダと距離がありますが、

とっても近くに感じ、

楽しくクラスを行えました。

 

7月いっぱいは、

ひとり一回のみ、無料でクラス体験可能です。

興味のある方は、メールでお問合せください。

詳細は以下のリンクをご覧くださいませ!

 

オンラインコース

 

 

at 08:48, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -

Neti Neti: "I AM not"

アーサナ(ヨガのポーズ)の練習を、

最近は3日に1回くらいしかやっていません。

 

以前は毎日やっていたけれど、

毎日やる必要がないと感じていて、

 

毎日やるより、3日に一回くらいの方が、

今の自分にとっては調度良い加減なのである。

 

数年前まで、

難しいポーズの練習もやっていました。

 

チャレンジが楽しかったのですが、

 

人の体には骨格の影響で、

何年やってもできないポーズもあるし、

 

スタミナの問題で、

これ以上やったら、逆効果、ということもあると感じています。

 

今は3日に1回、1時間から90分のヨガの練習ができたら良くて、

ポーズも、以下のことが賄えていたら良い感じ。

● 背骨を6方向に動かす

● 股関節の柔軟性(くにゃくにゃにならない程度に)

● コアの「安定」(強化ではなく)

● 上腕の強化(ここは弱くなりやすいから)

● 逆転(リンパ液循環とリラクゼーションのために)

 

難しいポーズには全くと言っていいほど、

興味がなくなってしまった。

 

ヨガの練習をするときは、少しだけ呼吸法もしておく。

そして今は体調の関係で短い時間しかでいないので、ミニ瞑想。

 

ヨガをする日もしない日も、散歩をしている。

家が丘の上にあるので、坂道を歩くと軽い有酸素運動になる。

 

色々、十分、できていて、

足りもせず、多すぎもせず、良いと感じています。

 

私にとって、今のところだけれど、

ヨガをすることで、たどり着いた場所は、

どんどん、削減するってことでした。

 

Neti Neti: "I Am not"

 

これが、私にとっての、ヨガの教えであり、

これを思うと、ヨガをやっていて、良かったと思うのです。

 

つまり、「私はそんなもんじゃない」ってことを知ること。

 

私は、

名前じゃない。

こころじゃない(個性でもない)。

体じゃない。

思考、信じていること、コンセプトでもない。

魂でもない。

役割でもない。

人種でもない。

苦悩でもない。

教義でもない。

宗教じゃない。

社会的グループや政治的な信念でもない。

自分の文化でもない。

国民でもない。

性別でもない。

思い出(過去)でもない。

自分の物語でもない。

宇宙でもない。

霊性でもない。

神でもない。

 

いかなるアイデンティティでもない。

 

そういうことを教えてくれたのが、ヨガであり、

そこが、ヨガの一番良いところだった。

 

そんなものじゃない、ってことに気づいた時、

 

そこに残るものは、何ですか?

 

それを感じるのが、ヨガであり、

それと触れ合う、直接的に触れ合わせてくれるのがヨガであり、

ポーズを行うことではない。

 

ヨガの練習をしてくる中で、

 

神聖なもの、神は、自分の中にあるとか、

そういう教えもあったりしたんですが、

そういうものでさえ、私ではない。

 

「私」という観念(概念)でこれを書いていることが、

変な感じになってくる。

 

過去も未来もない。

 

ない、ない。

 

Neti Neti: "I AM not".

 

 

at 08:17, shakti-mandir, 5. ヨガ哲学

-, -, - -

生きているという手応え

日本に帰国するたびに、

すぐに、細かいことが気になる。

 

家にいて、掃除ばかりしてしまったり。

案外、綺麗じゃないと気が済まなくて、

結構自分の家の掃除をしていた。

 

そればっかり考えるようになることを、

英語では、

obsession という。

 

日本語では、強迫観念かな。

 

部屋の掃除ばかりでなくって、

何かと細かいことが気になってしまう。

 

日本人は綺麗好きだし、

国自体が小さいし、

家もなにもかも小さいので、

「細かいことを気にすることができる」

のかもしれない。

 

カナダやアメリカはなにもかもが、デカい。

ただっぴろい。

細かいこと気にしていると、先に進めない。

 

何もかもが、日本の「綺麗」のスタンダードより、

よっぽど低いのですが、

 

少しぐらい汚れていても、

外を裸足で歩いても、

誰も気にしない。

 

のみならず、

自然の中で、

多少汚れながら、

 

あまり心配することもせず、

 

来年のことはわからないけど、

 

今日できることをするって日々の方が、

 

細かいことを心配し、

あくせく、

将来の人生計画を立てているよりも、

 

よっぽど、生きた心地がする。

生きているという手応えがある。

 

 

中古のトレーラー(キャンピングカー)を買おうかな、と思っている。

走らなくて良いなら安く買えるのです。

 

人の家の庭に置かせてもらって、

水道と電気を引いてもらって、

インターネットも繋げてもらい、

 

するとトレーラーの中で料理もシャワーもトイレもできちゃう。

 

毎日、

朝起きて、朝ご飯。

自然の中で深呼吸し、

昼ご飯。

 

食べてけるだけの収入があれば良い。

 

島では、お金を使うところがない。

 

あ、

ちなみに、島にひとつしかなったガソリンスタンドが、

7月末で閉鎖することになりました。

 

車にも、なるべく乗らないようになる。

 

歩いてどこにでも行けるから大丈夫。

 

夕方5時には夕ご飯。

 

なぜ、私たちは生きているのか?

 

命は目的を持たない、特別な行先もない、エネルギーだ。

 

何も達成する必要もなく、

食事をし、

愛する人々に囲まれ、

よく眠り・・・

 

そうあることが、命のそのままの姿なのかな〜

と、静かな島では感じるのです。

 

 

 

at 05:53, shakti-mandir, 13. 島の生活(カナダ)

-, -, - -

ヨガとビジネス

10年間、日本でヨガのお仕事をしてきました。

 

スタジオでの指導が、一番良かったなと思います。

 

1回のクラス2000円〜2500円くらいで、

生徒さんにもそれほど負担がかからない額で、

気楽にヨガが楽しめて、良かった。

 

そこから自分の欲もあり、

日本各地にヨガ通訳に行ったり、

トレーニングを行ったりしているうちに、

何かちょっと、「ずれ」が生じてきた。

 

特に大きなヨガスタジオが主催するヨガイベントでは、

海外から来るヨガの先生も、

通訳も、

事務局の方々も、

結構休みなく、

タイトなスケジュールで働いていたし、

 

有名なヨガの先生が行うトレーニングでは、

「30名以上くらい参加者がないと開催しない」

みたいなプレッシャーを、主催者さんはかけられていたりして・・・。

 

自分で行っていたトレーニングでも、

生徒が集まらないと開催できないので、

集客集客、みたいな感じになって。

 

あれ、

スタジオでヨガを純粋に指導していたあの時代はどこへいってしまったのだろう・・・

 

でも、

一度、そういったサイクルにはまり込むと、

そこから抜け出すもの、恐くなってしまって、

何か違う、と思いながら、

続けてしまっていることってある。

 

今こうして全部止めて、

日本ではないところで、

収入ないけどお金も使わず、

日本にあったものを売ったお金でしばらく生活していきながら、

 

ヨガの通訳ね・・・

もう、やらないだろうな〜〜と感じています。

 

多忙、のみならず、

通訳は黒子のようであり、

自分の言葉は発してはいけない。

 

色々、先生によって言っていることが異なり矛盾している内容を、

自分の意志を度外視して訳出することや、

お昼ご飯をゆっくり食べる時間さえないこと、

 

そういうの、もう、終わってしまいました。

 

自分で行うトレーニングも、

仮にこれからまた日本で開催するならば、

誰か「やって欲しい」という方がいる場合のみにしたい。

 

それでも、やるかどうか、わからないな。

 

お庭の洋ナシ。来月は食べごろ。

散歩に行くとブラックベリーが沢山実ってきています。

at 05:35, shakti-mandir, ★ プライベート / Private ★

-, -, - -

学んだことを、捨てる

色々あって、

日本にいることをやめる、

という決断をくだしました。

 

そのため、

日本にあった所有物をできるだけ沢山手放しました。

 

日本で10年ヨガの指導と通訳をしてきて、

またそれ以前にも様々なことを学んだ来たので、

 

自分のオフィスの本棚には、

人生を変えてくれたたくさんの本があり、

その本には付箋がつけてあったりして、

大切な箇所はいつも引用できるように、

下線が引いてあったり、メモ書きがしてあったりしました。

 

また、

通訳のために勉強した資料、

哲学、解剖学、ヨガ以外のボディワーク・・・

沢山のファイルがあります。

 

そして、

これまで受けたトレーニング、ワークショップでもらった教材・・・。

 

その本棚はそれまで、

私の脳みその一部として、そこに存在しているようでした。

 

自分のクラスで必要なことは、

いつもその本棚に行けば、取り出せるような感じで。

 

でも、日本を発つ前、

その本棚の中の物を、全部、捨ててしまいました。

 

ああ、

あれも、これも、

大切だと思っていたものを、

ゴミ袋に入れていくのって、

結構爽快で、

便秘を解消しているみたいな気分であった。

 

学んだことを、全部、捨てる。

 

以前、私のヨガの先生は、

私が何かを学んだと言うと、

「では、その学んだことを、今度は捨ててしまいなさい」

と言ってきた。

 

その頃、それができなかった。

 

せっかく勉強したのに!と。

 

でも、今は、どんどん捨てていく。

 

そこに残るものは何だろう。

何も残らないくらいの方が、

きっと良いと感じている。

 

 

 

 

 

at 03:59, shakti-mandir, ★ プライベート / Private ★

-, -, - -