<< いよいよ更に静かな島生活・・・ | main | ポーズを行うヨガ >>

カナダっぽいこと

10月に入り、島ではますますやることがなく、

行くところもなく、会う人もおらず、

毎日雨!という日々だったのですが・・・。

 

後半になって、1週間以上秋晴れの日が続きました。

 

島でできたお友達は、60歳以上の人ばかり。

というのも、この島には仕事がないため、

住んでいる人が仕事をリタイアした年配の方が多いのですね。

 

ダン先生のヨガのクラスに来るその方々は、

60代後半でも、すごい身体能力を持っておられる人たちばかり。

 

雨の中でも、10キロ20キロ、

平気で家から「走って」ヨガのクラスまで来ます。

45分くらい、走ってくるんですね。

 

「あなたも走ると良いわよ、島はすることなから」

と言われるのですが、

 

土砂降りの中を走る気には、なかなかなれなくって、

私はもっぱら、散歩しかしていません。

 

でも、散歩であっても、

坂道ばかりなので、どんだけでも歩けるようになったってくらい、

体が強くなった気がしています。

 

カナダ人はパワフルですが、

その年配の女性の方々は、

連日バックパッカーでハイキングに行き、

野宿し、

途中で手首の骨を折っても最後まで数日歩き続けたとか、

すっげ〜人たちばかりです。

 

そんな人生の先輩方から、

カナダっぽいことを教えてあげると誘われました。

 

それは、ビーチにいって、

バーベキューをするということだったのですけど、

ソーセージとマシュマロを焼いて食べるのだと、

女性群が、キャピキャピな感じで、私を連れだしてくれました。

 

 

まあ、その日は素晴らしい秋晴れで。

 

犬も放し飼い。

ちゃんと飼い主についてくる。

 

森の中を30分くらい歩いたかな・・・。

 

その後、林の中を草を分けながら、崖のようなところを、下っていきます。

途中、ロープにしがみ付きながら下るようなところもありました。

 

年配の方のうち二人は、

そんな野暮なことはしてられないという感じで、

もっと急な砂でできた崖みたいなところを、

子どもみたいに叫びながら、急降下していきました。

 

ビーチまでくると、もう、人は誰もいなくって、

犬は自由に走りまくり、

10月末なのに、海に飛び込んで遊んでいる。

 

女性群は着いたらすぐに、ホットチョコレート(ココア)を出して、

それを飲みながら、

喋りまくり、

ちゃくちゃくと、大きな石を拾い集め、

石で丸く囲った中に、

あっという間に、火を焚き始めました。

 

 

日本でバーベキューすると、

色んな道具が必要な感じがするんですが、

カナダって、その辺にあるもので、さっさっと、適当にやってしまう。

 

 

 

ジャンクフードよ、と最初に断られながら・・・。

棒にソーセージを突き刺して、焼く。

それをホットドッグにして食べるのです。

 

このあと、マシュマロも棒に突き刺して焼きました。

真っ黒に焦げたのを、「キャラメル」とか言って。

私もちょっと食べたけど、これは甘すぎて食べれなかった。

焦げて甘いのって、初めてだったわ。

 

 

ちなみに、

ここ(写真)にいる若い二人は、

たまたまビーチにいた知らない人たちなんだけど、

普通にバーベキューに参加して、途中で帰っていきました。

 

私は、

島にいると、

美容院もなく、

レストランも、服屋もなく、

だんだん、

おっさん化しております。

 

が、この数日後バンクーバーに行き、

美容院に行って、都会にいたおかげで、

少しおっさん化が抜けたのですけどね・・・。

 

島に戻ると、おっさんですね。

 

バーベキューのあと、

年配の女性の家に立ち寄りました。

 

この家↓

 

平屋なんだけど、

自分でデザインして、女性でも、

大工さんと一緒に、自分で建ててしまうんだよ!

 

庭ももう、天国のようにきれい。

ここの人は霊気とウクレレをやっていて、

今度ウクレレとギターでマントラや、普通の歌や、

一緒に色々やりたいなと、話しているところです。

 

とても素敵な島でのカナダ体験でした。

 

 

 

 

at 14:28, shakti-mandir, 13. 島の生活(カナダ)

-, -, - -