<< シゴト | main | ヨガとビジネス >>

学んだことを、捨てる

色々あって、

日本にいることをやめる、

という決断をくだしました。

 

そのため、

日本にあった所有物をできるだけ沢山手放しました。

 

日本で10年ヨガの指導と通訳をしてきて、

またそれ以前にも様々なことを学んだ来たので、

 

自分のオフィスの本棚には、

人生を変えてくれたたくさんの本があり、

その本には付箋がつけてあったりして、

大切な箇所はいつも引用できるように、

下線が引いてあったり、メモ書きがしてあったりしました。

 

また、

通訳のために勉強した資料、

哲学、解剖学、ヨガ以外のボディワーク・・・

沢山のファイルがあります。

 

そして、

これまで受けたトレーニング、ワークショップでもらった教材・・・。

 

その本棚はそれまで、

私の脳みその一部として、そこに存在しているようでした。

 

自分のクラスで必要なことは、

いつもその本棚に行けば、取り出せるような感じで。

 

でも、日本を発つ前、

その本棚の中の物を、全部、捨ててしまいました。

 

ああ、

あれも、これも、

大切だと思っていたものを、

ゴミ袋に入れていくのって、

結構爽快で、

便秘を解消しているみたいな気分であった。

 

学んだことを、全部、捨てる。

 

以前、私のヨガの先生は、

私が何かを学んだと言うと、

「では、その学んだことを、今度は捨ててしまいなさい」

と言ってきた。

 

その頃、それができなかった。

 

せっかく勉強したのに!と。

 

でも、今は、どんどん捨てていく。

 

そこに残るものは何だろう。

何も残らないくらいの方が、

きっと良いと感じている。

 

 

 

 

 

at 03:59, shakti-mandir, ★ プライベート / Private ★

-, -, - -