<< あなたは体ではない "You are not your body" | main | 今後の予定: 2018年6月末〜 >>

陰ヨガJoe Barnett の通訳 in Tokyo

2018年6月。

今年も陰ヨガのJoe Barnett 先生の通訳をさせていただきました。

今回は東京で、4日間、30時間のトレーニングと、

その翌日、ワークショップ2本。

 

Joe先生とお仕事をするのは、今年で4年目。

ヨガワークスのKanakoさんと、Joe先生と私のトリオは、

毎年恒例の、Japan 陰ヨガファミリー、みたいになりつつあります。

 

ヨガ通訳やボディワークの通訳を始めてから来年で10年になりますが、

Joe先生の通訳は、今携わっている通訳のお仕事の中でも、

トップ3に入る、私の大好きな仕事です。

 

それはやはり、Joeの人柄と、彼の指導内容が好きだからかな。

一緒に仕事をしていて、まったくストレスを感じない。

彼から「焦り」のようなものを、微塵も感じたことがない。

なので、私もずいぶんリラックスして通訳ができます。

 

4年前から陰ヨガの通訳をしてきて、

Jo Phee先生の指導内容も含め、本当に多くを学びましたが、

毎年、陰ヨガも、少しずつ変化をしています。

 

今年はJoeのトレーニングはマニュアルもリニューアルされて、

陰ヨガのポーズの7つの原型(ファミリー)を学び、

陰のポーズのターゲットエリアに働きかけるためには、

どの体節と、

どの筋筋膜グループ(マヨファシャグループ)の動きが、

いかに関係しているのか、

を、実践や対話を通しながら学ぶ、陰ヨガ特有の解剖学。

私は毎回好きだなと思うし、

体って、本当に人それぞれで、

だからこそ、「自分のヨガを探す」ことは、

先生の言う通りにする、ことではなく、

自分の体の声を聞くこと、なのだと思うのです。

 

ひいてはそれが、マットの外での生き方にも、反映されるわけで・・・。

 

どう生きるかは、自分の内なる声との対話なくしては、

導けない答えであり、

そしてその答えも、あらゆる問いかけも、

人生の様々な段階においても、変化するものである。

 

今回のJoeが言っていたことで、

結合組織(靭帯など)をストレッチしていくことよりも、

筋膜にある水分の形状を変えることの方を、

より強調していたのは、

今までの流れにおいて、よく理解できることだったし、

陰の練習の後で感じる効果としても、腑に落ちることでした。

 

これまでJoe先生とは、

名古屋、大阪、福岡、名古屋と旅をし、

今年は東京。

 

トレーニングの合間に、

会場の近くにあったBlue Bottle Coffeeへエスプレッソを買いに行くのは、

ほんと、楽しかった!

 

ああいう、おいしいコーヒー一杯が、

仕事やってて良かったぜ、って気持ちにさせてくれる。

 

私はエスプレッソマシンで作るエスプレッソに、

熱湯を少量足して飲む、

エスプレッソとアメリカーノの中間みたいなコーヒーが好きで、

どこの店に言っても、ややこしい客なのです。

 

Blue Bottle では80cc足してお持ち帰り用にしてくれて、

ばっちりの濃さでマジで幸せでした。

 

会場からたった2分のこのお店に行くのに、

Joeと2回も迷子になってしまって、それも面白かったし。。。
近くにシュリダイバヨガのBowSpringのスタジオがあって、それにもびっくりした!

今回の通訳は、体調がいまいち、ということもあり、
5月の頭の段階で、お受けするかどうか、相当迷ったものでした。
途中、ちょっとしんどい時もありましたが、やって良かったと思うし、
自分が機能していることが、私に回復の自信をくれました。

でも、今、体調管理のため、外食をまったくしておらず、
ホテルでは私が食べられるような内容の朝食があったのでそれを頂き、
お昼は、ホテルでなんと、お弁当を作っておりました。
といっても、コンロなどはないですので、
冷蔵庫と、洗面所のみを使って、、
アイデアを絞り、近所のスーパーで買い出しをし・・・。
なんとなんと、夕飯までそのスタイルで、自炊でホテルの部屋でした。
なんでも、やってみると、できるものですね。
レトルトですぐ食べられるキヌアなんかもあって、助かりました。

クラス後の深川でのひとり散歩も、
色んな意味で、体を癒してくれました。

というような、楽しい陰ヨガと東京の日々でした。

写真はJoeと、札幌の陰ヨガ指導者である、大好きなしのぶさんと。
ブルーボトルコーヒーでばったりしのぶさんに会った時、
ほんとにうれしかった!ハグした時の愛が暖かかったです。

 

 

 

 

 

at 21:59, shakti-mandir, 7: ヨガ通訳 / Yoga Interpretation

-, -, - -