<< 熊本でのヨガ in 2018年4月 | main | あなたは体ではない "You are not your body" >>

オーバーストレッチとコリの秘密 with 斎藤綾太先生

5月19日、

札幌より理学療法士でヨガの先生でもある、

斎藤綾太先生を招き、

「オーバーストレッチとコリの秘密」というWSを行いました。

 

3時間では足りないくらいの、

目から鱗!の内容でした。

 

座学も実技も、飽きることなく楽しかったですね。

 

(私はまだステロイド副作用のため、この日は見学)。

 

体はおもしろい。

 

どこかの痛みの原因が、

その場所ではないところにあったりする。

 

今回はトリガーポイントをほぐすことで、

オーバーストレッチが起こらないようにしたり、

腰痛や肩こりを緩和したりする方法を学びました。

 

 

 

私も、例の「脱ステロイド」による皮膚炎で数週間引きこもっていたところから、

久しぶりに皆さん(12名の生徒さん)にお会いできて、

とっても嬉しく、元気をもらいました。

 

綾太先生には、陰ヨガのJo Phee先生やJoe Barnett先生の通訳を通して出会いました。

まさか、札幌から桑名市まで来てくださるとは、感謝に限ります★

 

 

そしてこの日は、風が強かったですが、太陽がキラキラと輝いてました。

 

参加してくださった方々、ありがとうございました。

学んだことを、活用してくださいね!

 

 

--------追記----------

私の「脱ステロイド」経過報告

 

はい。知らない方のために、一応書きます。

私は現在、

軽度のアトピー性皮膚炎に塗っていたステロイドの使用をやめた途端、

ステロイド皮膚炎(ステロイドの副作用)になりました。

 

そのため、5月〜6月は指導がほとんどできておりません。

 

3月26日にステロイド外用を中止して、

今日で73日が経ちました。

 

起き上がれないくらいひどい時もありましたが、

今は「乾燥期」というのに入ったらしく、

 

炎症でジクジクしていたところはなくなって、

体中が、カッピンカッピンの乾燥状態にあります。

 

あと1ヶ月くらいしたら、さらにマシになるだろうと、

昨日、阪南中央病院の佐藤先生に言われたところです。

 

4月後半から、毎晩朝まで眠れた日は、まだありませんが、

確かに、良くなってきたな、とは思います。

 

しかし、普通の人が送っているような生活は、

まだ送れていません。

それがどういう意味なのかは、

もう少し回復してからまとめて書きたいと思っています。

 

現状、

体は瘡蓋だらけ。

「しそふりかけ」をふりかけたような感じ。

顔は、「粉吹き芋」みたいに白い粉が吹いています。

 

この表現、結構気に入ってます!

 

恥ずかしいというのも、前より減ってきました。

(慣れてきた)。

 

ビラン状(肌の表皮がなくなってしまった状態)だったところが、

なくなってくれただけでも、本当に、うれしいです。

 

また、経過報告を書きますね。

 

心配してメールを頂いた方々、

不在でご迷惑をかけてしまっている生徒の皆さん、

代行のあっちゃん、

再度、感謝しております!

 

そして、家族の愛情いっぱいのサポートも♡

 

at 18:01, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -