<< YOGA | main | オーバーストレッチとコリの秘密 with 斎藤綾太先生 >>

熊本でのヨガ in 2018年4月

4月29日、熊本でヨガのワークショップを開催してきました。

 

一日3本のクラスを行いました。

 

ダン先生によるハンドスタンドをピークとした中級レベル以上のクラス、

ダン先生による初心者からすべてのレベルを対象にしたクラス、

そして、私の陰ヨガのクラス。

 

 

熊本はダンススタジオ「フィヤージュ」さんの主催よるクラスでした。

今年20周年を迎えるというこのスタジオでは、

ダンスだけではなく、ヨガも教えています。

 

ダンスの中に太陽礼拝やヨガのポーズを入れたりという、

ユニークなことをしておらます。

 

今回の生徒さんは全部で30名ほどの方々でした。

 

 

皆さんダンサーだけに、身体能力がすばらしく長けておられました。

 

私は最後に陰ヨガのクラスを行いましたが、

ポーズの数は4つほどしか行いませんでした。

より多くから、より少なくへ。

 

熊本は路面電車が走る、素敵な都会でした。

この熊本市にて、11月より200時間のトレーニングを開催することになっています。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

 

全米ヨガアライアンス200時間 in 熊本

 

 

 

熊本の皆さん、ワークショップに参加頂き、ありがとうございました。

また11月からトレーニングにてお会いできることを、楽しみにしていますね★

 

----

さて、その直後、私は例の脱ステロイドのリバウンドの悪化によって、

しばらく両腕を下げれなくなってしまい・・・。

その痛みのあまり、過呼吸になるほどでした。

 

そして、熊本の後に計画してあった、

ゴールデンウィークのイベントすべてと、

タイマッサージのトレーニングと、

リストラティブヨガのトレーニングと、

私の一般クラスすべてを、キャンセルすることになりました。

 

当初、あまりの痒みと痛みとグジャグジャになった皮膚を見て、

6月末まで完全休暇にしないと無理だと思っていました。

 

包み隠さず書きまくっておりますが、

脇の下の炎症がひどくジュクジュク状態で、

腕を下すと脇腹と腕の内側がべったりくっついてしまい、

それが尋常じゃない痛みと不快感でした。

 

体のほかの部位は真っ赤。いずれ瘡蓋だらけに。。。

これから暑い夏になりますが、
今まで愛用していたヨガウェアはすべて、お片付けしました。
こんな思いをして、「見た目」をいかに大切にしていたかを思い知らされました。
そして、その見た目の重要度のために、ヨガがしたくても一歩踏み出せない人たちが、
きっと存在するのだろうな、と気づかされました。
熊本を最後に私も人前に出るのも、このことについて語るのも、
できるはずがない、と落胆した日々がありましたが、
さらけ出す勇気!
そのおかげで、普段とちょっと違う方向から、
生徒さんたちと対話ができている。
熊本の話からちょっとそれましたが、
まだまだ脱ステロイドの過酷な症状は続きそうなので、
しばらくお付き合いくださいませ。

 

 

at 22:07, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -