<< 毎日同じことをする | main |

全米ヨガアライアンス200時間トレーニング 5期生卒業!

2018年3月11日(日)。

全米ヨガアライアンス200時間コースを受けていた5人のヨギーニたちが、

無事、200時間認定を受けて卒業しました。

 

みんな、6ヶ月間、本当に頑張った。偉かった!

 

 

ヨガの先生になるためのトレーニング。

効果的に、安全に、ヨガの指導ができるようになるために、

私も一生懸命、多くのことを伝え、

コツコツと、一緒に練習する。

 

とっても濃い時間を過ごさせて頂く6ヶ月です。

 

その中で、毎回大切に感じるのは、「自分発見」。

 

お互いを通して、ヨガを通して、

知らなかった自分に出会う旅路。

 

今までとは違う視点で、

多面的に人生を見る力。

 

自分を信じること。

卒業しても、それを忘れないで欲しいと思う。

 

 

お互い知らない者同士が初めて出会って、

これだけ助け合い、学び合う時間は、

大人になって、あまりないような気がします。

 

私も、指導者として、

トレーニングを通して学ばせて頂くことが、

とってもたくさん、あるのです。

 

 

私は1999年にヨガに出会いました。

 

それから、

ヨガの練習者として、

今もこの道を生きていますが、

 

疑問に思うことや、

信じていた考え方を手放すことや、

先生のもとを去ることもありました。

 

これから、

ひとりで歩まなければならないというような場所に立った時、

砂漠の真ん中に孤独な状態で、

どこへ向かえば良いのかも、分からないこともありました。

(今も時々あります)。

 

でも最近、切実に思うのは、

人は、何かを「信じたい」と思っているということ。

 

日本という国で、

ほとんどの人たちが、

「信じるものがない」という状態で、生きてる。

 

だけど、

信念のない生き方には、人は空しさを、空虚を、感じる。

 

例えその信念が、

「心の産物」であったとしても、

 

人間の歴史を見ていくと、

どの時代も、人は何かを信じて生きてきた。

 

私は迷いながらも、

最近、改めて「決断」したのです。

 

私は、「ヨギーニ」だと。

ヨガをする女性だと。

毎日、ヨガの練習をして、瞑想をしていくのだと。

 

それがどれだけ今まで、自分を支えてくれたことか。

 

人生には、波がある。

 

悪い時も、良い時も。

暇な時も、忙しい時も。

 

負の方に傾くと、誰でも悲観的になって、

何もかもを、投げ捨ててしまいたいと思うこともあるかもしれない。

 

でも、そんな時でも、

信じて生きていけるものがあって、

私は良かったと思う。

 

トレーニング卒業生にとっても、

これからも、ヨガが助けになって欲しいなと思います。

そして、ヨガによって、人の助けになれる人になって欲しい。

 

 

トレーニング後半には、

簡単なタイマッサージの練習もしました。

 

 

この頃になってくると、

指導にも余裕が出てきていたので、

マッサージもゆったり、楽しめました。

 

 

3期生の卒業生も、マッサージには参加してもらい・・・。

トレーニング卒業生の間でも、つながりができて、

とっても純粋なコミュニティのようで、うれしいのです。

 

 

改めて・・・

5期生の皆さん、卒業、おめでとうございます♡

 

これからもヨガを楽しんでね。

そして、トレーニングで学んだことを、ヨガ以外のことにも、

生かしていってください。

 

 

 

● 次回のトレーニングは、

2018年9月(平日コース)です。今から受付可能です。

こちらのリンクをご覧ください → 200時間トレーニング

 

● 熊本でもトレーニングを開催します。

熊本は週末コース。2018年11月~2019年5月まで。

詳細はお問合せください。

shakti.mandir.yoga@gmail.com

 

ナマステ♡

 

 

at 21:39, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -