<< 出張ヨガトレーニング : Yoga Delivery | main | ヨガとストレスマネージメント >>

点から線へ、線から面へ

善悪とは、

立場を変えると、善が悪になり、悪が善になることがあります。

 

ヨガのトレーニングの中でよく話題になるのが、

狼とヤギのお話。

 

ヤギの子どもが狼に食べられてしまったら・・・。

 

ヤギにとっては、狼は悪い奴。

大切な子ヤギを食べられてしまったのだから。

だから狼のやったことは、悪でしかない。

 

だけど狼にとっては、子ヤギは大切な食糧であり、

生きていくには不可欠なもの。

この観点からいくと、狼にとっての狼の行為は、善なのです。

 

もちろん、それを悪だと感じる狼がいるとしたら、

狼はベジタリアンとして生きる道を選べば良いのであって・・・。

 

価値観とは、見方次第でその価値が、

良くなったり、悪くなったりするのです。

 

ヨガの先生でも、

すべての生きとし生けるものに苦しみがありませんように・・・

と、マントラなんかで唱えていたり、

動物はかわいそうだから食べません、とかいう生き方してても、

 

世界各国を飛び回って指導している先生なら、

飛行機に乗っていろんな国へ行くわけで、

 

自分のコミュニティだけでヨガを教えている以上に、

自動車や空での移動に伴う環境汚染や、

飛行機のプロペラで鳥たちの命を無暗に奪ってしまうような行為に、

頻繁に加担しているのです。

 

それが、悪だと言っているわけではなく、

 

多面的にものを見るということは、

私たちが、善であり、かつ、悪でもあり得る、という観点から、

ものを見ることでもあるのかな、と思うのです。

 

ジャイナ教の人たちは、

殺生はいけない、としていて、

生き物を吸い込まないように、口と鼻を布で覆ったり、

目に虫が入って死んでしまわないように、眼鏡をかけたり、

虫を踏んづけてしまわないように、

自分の前を箒(ほうき)で掃いから、歩くようにしたりしている。

 

こういう行為はアヒンサーといって、

生きるものを傷つけないこと、という戒律なのですが、

 

水の中の微生物を飲んでしまうくらいなら、

一生水を飲まない方が良いとか、

 

最終的には断食をして、

植物を含める生き物を一切食べずに死ぬ、ということが、

望ましいとされています。

 

結果、自分の命は、なくなってしまいます。

それが善か悪かを決めるのも、ものの見方次第です。

 

 

ここからちょっと話題を変えて。

 

去年から、日本は「マイナス金利」というのを導入する時代になりました。

そして、アメリカの大統領がトランプになりました。

日本のこれからは、どうなるのかなと、不安になることも、

ニュースを見ていると、あるのではないかと思います。

 

高齢化社会もどんどん進み、

年金なんてまったくもらえないような時代が来るのは明らかです。

 

二十代くらいの若い人たちでも、そういった不安から、

年金保険に入っている人が多いみたいで、驚きました。

毎月1万円ずつ積み立てして、65歳になったとき、それを活用する、というようなもの。

 

ものの善悪、と同じように、

何でも、価値観というのは、とても主観的なものであって、

また、その人それぞれの性格や、社会通念が、そこに反映されています。

 

25歳から45年間、毎月1万円こつこつと積立することで安定を築く人。

 

自分に投資をしてスキルをつけ、自分が提供できるものを増やすことで、収入を増やす人。

 

お金は掛け算で増やす!というように、お金や資産に富を生んでもらうような投資を考える人。

 

他にも、経済的な安定を築くための方法はきっと数多くあるのでしょうが、

 

自分にはどの方法が一番合ってるかなっていうのは、

イメージしてみると、体の感覚で、ああ、これならできるかもっているのが、あるような気がします。

 

善悪、は、プラスとマイナスで、比較しやすいことかもしれないけれど、

世の中には、善悪以外にも、いろんな価値観があって、

 

ひとつの方向からのみ、それを見るのではなくて、

多面的にものごとを見ていけるようになると、

今まで気付かなかったような思いがけない生き方が、見つかるのかもしれません。

 

私のメンターが言っていました。

 

「点でものを見ず、線でものを見よ。そして線から面へと広げなさい」と。

(真弓篤氏の言葉です)

 

おまけ:

こんなところで、ほっと一息、も良いな〜!

 

 

at 21:33, shakti-mandir, ★ プライベート / Private ★

-, -, - -