<< 言葉という枠組みを超えて | main | 出張ヨガトレーニング : Yoga Delivery >>

Hello 2017年 - 転がる石か留まる石か

新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月はとても暖かく、春のような日差しがうれしいですね。

 

"A rolling stone gathers no moss" という諺があります。

 

「転がる石には、苔がはえない」。

 

イギリスでは、

「仕事や住まいを転々とする人は、豊かになれない」という意味で使われている諺です。

 

でもこの同じ諺がアメリカでは、

「いつも活発に変化している人は錆びつかない」という意味で用いられています。

 

同じ文章でも、捉え方で、意味が変わります。

 

転がるのか、留まるのか・・・。

 

転がるのが得意な人と、

留まるのが得意な人がいます。

そして得意不得意は、そう簡単に変えられるものではありません。

 

また、転がる人も、留まる人も、

どのくらいそうするのかは、

年を取るごとに、変わっていきます。

 

転がるのが好きな人でも、

時々、人生には止まらなきゃならない時があって、

止まって自分らしくないことをすることから、得る苔があるかもしれません。

 

ずっと留まっている人は、苔だらけになって、

本当の自分の姿が分からなくなっていることも、あるかもしれません。

 

どのくらい転がり、どのくらい留まるか・・・。

 

もう動けないくらいにもなりたくないし、

転がりすぎて、寒々しい状態でもいやだな。

 

等身大とか、

身の丈にあった、

という言葉があるけど、

 

苔の多さも、それで良いと思う。

多すぎず、少なすぎず。

 

まったく動かないこともなく、

飛び回りすぎることもなく。

 

必要な苔だけが、生えていたら良い。

 

同じような諺にはこんなものもありました。

「度々植えかえる木は根が張らない」

「流れる水は腐らず」

「繁昌の地に草生えず」

「人通りに草生えず」

 

 

豊かで、錆びつかない、そんな一年になりますように。

今年もどうぞ、よろしくね。

Hari Om.

 

住吉神社での初日の出

 

 

【2017年前半 ヨガ】

 

1月7日(土)指導者フォローアップWS

1月10日(火)一般クラススタート@10:15

1月29日(日)今年こそはヨガデビュー 1-Day WS

 

2月24日(日)エックハルトトール「Power of Now」WS

 

3月 ニードヨガティーチャートレーニング

200時間トレーニング受講者はこのトレーニングを半額で受講可能。
但し、次の200時間トレーニングのお申込みをすでにされている方と、

1年以内に200時間を卒業した方のみ対象となります。
例)2017年3月のニードヨガトレーニングを半額で受講可能な方は以下のようになります。
– 2017年4月スタートの200時間にお申込みされた方。
– 2016年3月以降に200時間を卒業された方。

 

4月 全米ヨガアライアンス200時間コース開始

 

5月 リストラティブヨガYTT

 

5月31日〜6月4日 ヨーナス先生 ヨガセラピューティックTT

 

 

 

at 13:05, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -