True Yoga / 本当のヨガ

さあ、委ねてみよう。

長く息を吸って、同じように、吐き、

楽に、そしてリラックスしている。

 

心の中で、心がどんなものなのか、どんな形をしているのか、

どんな物に見えるのか、想像してみるが良い。

そしてそれを目の前から、蒸発するように、消えさせてあげよう。

 

心が散らばって、溶けていく。

 

同じように、

体も、

その体として感じている感覚や、本能的に体と理解しているものや、

体がどんな形をしているのかを、

目の前で蒸発させ、消えさせてあげよう。

 

何かを行うということ、

何かを行わなければならない、という感覚、

そんなことは、もう、諦めてしまえばいい。

 

この瞬間、やらなければならないことなんて、何もない。

得なければならないものもなければ、

行かなければならないところもない。

 

あなたは自由で、開いた状態にある。

 

永遠で、境界線がなく、永久にある命。

ヨギーは、そう言っている。

 

ヨギーはまたこうも言っている。

命とは、目的も理由もないエネルギーであり、

どこか特別なところへ行くようなものでもない。

 

戯れ(遊び)以外の理由は、ないのだ。

大いなる意識の戯れ。

大いなる意識が、すべて形あるものの中でダンスをしている。

 

あなたの体、感情、

置かれた状況、

友達、家族、

物、

星も月も、

すべてひとつの広大で永遠の、言葉に表せないような現実の戯れ。

 

そしてヨガとは、それを直接体験すること。

コンセプトとして頭で学ぶことではない。

それを実際に体験し、それ自体が自分であると知ること。

 

それが、あなたの本来の姿だと、ヨギーは言う。

 

その体験の妨げとなるのは、

あなたの悲観や思考、

または悲観的な思考、

そして勝手に結論づけてしまうことや、

詰まった感情・・・。

それらが、あなたの体験をブロックしてしまうのです。

 

だけど、今、この瞬間だけでも、

そんなことは、忘れてしまおう。

あなたの意識がすべての現象にささげられていくように・・・。

 

 

You have sense of receptivity

take a long deep breath and exhale the same way, just easy and relaxed.

 

Just get a sense or impression or picture of your mind, in your mind,

what the mind looks like in other words,

and allow it to evaporate in front of you,

so it just dissipates, melts,

and the same with the body,

impression or sense or feeling or intuition or picture of your body

just allow it to vaporize or evaporate in your mind eye,

and the sense of doing, that you have to do something, just give it up.

In this moment there is nothing to do, nothing to get, nowhere to go...

you’re just free and open,

infinite, boundless, alive eternally

 

So that yogis say.

 

Yogis also say life is the purposeless energy going nowhere for no reason.

There is no reason other than just a play.

It's a play of consciousness.

Consciousness is just dancing in all these forms.

 

Your body, your thoughts, your feelings,

your situations,

your friends, your family,

objects,

the stars and the moon.

It’s all just a play of one intelligent vast infinite indescribable reality.

 

And yoga is about experiencing that first hand,

not as a concept,

but identifying yourself and experience that first hand

And they say that that is your true nature.

The only thing in a way

is your negativity or thoughts,

negative thoughts,

and conclusions,

and presumptions,

and stuffed emotions,

they block your experience.

 

Then in this moment, forget all that.

Just keep dropping back into the prior,

therefore offering awareness to all phenomena.

at 00:01, shakti-mandir, 5. ヨガ哲学

-, -, - -

奇跡は、ゆだねることから起こります

時々私のヨガの先生は、

色んな引用をメールで送ってくれます。

 

今回のは、エッカルト・トール。

 

- 奇跡は、ゆだねることから起こります -

平穏な状態を求めることを、やめましょう。
今あなたが置かれた状況以外の状況を求めることを、やめましょう。
そうでなければ、
あなたの心には葛藤が生まれ、抵抗しながら生きていくことになるだろう。

 

自分が穏やかでないのであれば、

そんな自分を許してあげるが良い。

 

穏やかではない自分を完全に受け入れた時、

 「穏やかでない」状態は自ずと変化し、そこには平和が訪れるでしょう。

 

完全に受け入れてみる、そうすると、平和な場所へ導かれる。

これが、ゆだねることで起こる奇跡です。

 

人生にまったくの抵抗を示さないこと。

それは、優雅で、楽で、心軽やかな状態であるということです。

人生が思い通りに行かなくても、

人生が良い時でも、悪い時でも、

もう、振り回されることはなくなるでしょう。

 

パラドックスにさえ、感じるかもしれないけれど・・・。

置かれた状況に心が左右されるということがなくなると、

人生が、

置かれた状況が、

顕著に改善していったりするものです。

 

物事や、人々、
または自分が幸せになるのに必要だと思い込んでいた状態が、

もがかなくても、努力なしでも、自然と、あなたの元へとやってくるでしょう。

そしてあなたはそれらに感謝し、楽しめば良い。

それらがいつかまた、過ぎ去っていくまで。

 

すべての物は、もちろん、どっちにしたって、過ぎ去っていく。

そういったサイクルは、やってきては、去っていく。

 

だけどそれに心が左右されることがなくなれば、

 そこには、恐れも、喪失感も、もう、感じることはなくなるでしょう。

 人生はきっと、楽に流れていくでしょう。

 

 

---

う〜〜ん。

こういう言葉って、結構、罠があったりするのですね・・・。

 

というのは、私もそうだけど、こういう言葉を聞くと、

何でも「受け入れなければならない」と思ってしまい、

 

置かれた状況を拒否している自分に対して、

「受け入れなきゃ・・・」と、

頑張って受け入れようとしてしまう結果になりかねなくて。

 

そうすると、これもパラドックスなんだが、

 

" 現状に不満があり受け入れようとしない自分 ”を拒絶するという、

「置かれた状況以外のことを」求める結果になってしまっていたりするのです。

 

だから、私はこの引用を読んだ時、

置かれた状況にゆだね、受け入れよう、とは思わなかった。

 

むしろ、私は先生に、言いました。

 

「私、戦うのが得意です(笑)」。。。

 

拒否している自分のままで良しと、したのでした。

 

 

 

Eckhart Tolle

This is the miracle of surrender Don't look for peace. 
Don't look for any other state than the one you are in now;

otherwise, you will set up inner conflict and unconscious resistance.

Forgive yourself for not being at peace.

The moment you completely accept your non-peace,

your non-peace becomes transmuted into peace.

Anything you accept fully will get you there, will take you into peace.

This is the miracle of surrender.

 

To offer no resistance to life is to be in a state of grace, ease, and lightness.

This state is then no longer dependent upon things being in a certain way, good or bad.

It seems almost paradoxical, yet when your inner dependency on form is gone,

the general conditions of your life, the outer forms, tend to improve greatly.

Things, people, or conditions that you thought you needed for your happiness

now come to you with no struggle or effort on your part,

and you are free to enjoy and appreciate them - while they last.

 

All those things, of course, will still pass away,

cycles will come and go, but with dependency gone there is no fear of loss anymore.

 Life flows with ease.

 

at 22:57, shakti-mandir, 8: 引用 / Quotation

-, -, - -

旅に出ること

ナマステ

 

2019年に入り、あっという間に春になりつつありますね。

 

さて、以前から考えておりました、2019年の後半をどう過ごすか・・・。

自分の中で決断できたことがあります。

 

もう何人かの生徒さんにはお伝えしましたが、

 

シャクティモンディヨガは、2019年の5月末日を持ちまして、

グループクラスをしばらく休業することになりました。

 

プライベートレッスンは開催予定です。

 

ワークショップは時々開催するかもしれません。

 

基本的に、「お休み」がメインの2019年後半になる予定です。

 

その理由は何名かの生徒さんにはお伝えしてありますが、

自分の体調を整えることを、第一優先にしようと決めたからでした。

 

そのために、生徒さんたちにはご不便をおかけしますこと、

どうぞお許しくださいませ。

 

グループクラスがお休みの間は、アツ子先生のスタジオがやっていますので、

アツ子先生のスタジオにも行ってみてください。

 

グループクラスは体調が整い次第復活予定ですので、しばらく待っていてください。

 

お休みの間、やりたいこと。

 

ぼーーーーーっとすること。

 

時間の存在しない日々を過ごすこと。

 

旅に出ること。

 

今年は、色々なことが、変化する年。。。

 

お友達は、家を売って、住む場所を決めずに、

住みたい時に住みたいところに暮らす、気ままな生活を始めている。

 

10年前にヨガの仕事を一緒にさせて頂いた大先生が、

スタジオをクローズしてしまった・・・。

 

カナダのダン先生は、

家を売って、この先キャンピングカーで生活する人生になるらしい。

 

 

私はというと・・・。

2人目の子どもも高校を卒業し・・・。

去年は体調を崩し・・・。

 

その中でも日々のルーチンは同じように繰り返されていたんだけれど、

その、「同じサイクル」を、壊すこと。

 

それが、今年後半のテーマです。

 

そのために、旅に出る。

旅に出て、ぼーーーーーっとする。

今日やること、何もない、とい日々をできるだけ沢山送ること。

生産性をまったく無視して生きること。

 

そして犬と戯れる♡

 

 

日本で、行きたいところがいくつかあります。

5月の仕事が終わったら、旅に出かける予定です。

 

その合間にも、たま〜に通訳やったり、ヨガ教えたりをしながら。

 

いままでとは違ったサイクルを回すこと。

サムサラ(繰り返し)を、変えること。

 

夏はカナダに行く予定ですが、帰国時期はあえて未定で行ってきます。

 

その間に、きっとダン先生は家を売ってしまうので、

ダン先生のキャンピングカーで、

きっとBC州を旅します。

 

 

これまで散々、生徒さんやお友達に言ってきた。

「ゆっくり休んでくださいね」

 

それが一番できてなかった人が、自分だったのかもしれないな。

 

「体が弱ってるなら、休みましょう。

それは時間を無駄に過ごしていることではありません。

必要なことをやってるだけ。

回復するために、必要なことを」

 

 

だから今年後半は、家でゆっくりしたり、

旅で新しい世界を見たりしながら、

ぼーーーーーーーっとして、

だら〜〜〜〜んとして、

ゆっくり過ごします。

 

私のヨガの先生は言いました。

 

「先のことは、心配しなくて良い。

今、この瞬間に、没頭しながら生きなさい」

 

----------------

★スタジオ休暇前のイベントお知らせ★

6月2日(日)に、ヨガとキルタン(マントラ)のイベントを開催予定しています。

 

 

Om Shanti Shanti Shanti

Hari Om Tat Sat

 

 

 

 

 

at 22:40, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -

桑名市での200時間トレーニングが終了しました

2019年9月からスタートした、

全米ヨガアライアンス200時間のトレーニングが、

3月15日に終了しました。

 

2014年から200時間を開始し、

今回は、6期生になります。

今回もとっても少人数の4名。

月に2,3回集まって学ぶヨガは、

楽しくもあり、大変でもあり・・・。

 

大人になってから、

こんなに自分の勉強のために時間をかけることがあるなんて、

それを可能にしてくれている周りの人たちへの感謝と、

自分の努力と、仲間の愛を、

いつまでも大事に、心にしまっておいてほしいなと思います。

 

6ヶ月はあっという間で、

最初は「できない」って思っていたことでも・・・

卒業の時には、余裕でできるようになっていましたね!

 

 

ヨガのトレーニングは、

「ヨガの指導者になる」こともひとつの目的かもしないけれど、

何よりも、自分の生き方を見つめたり、

家族や子どものことを考えたり、

ヨガ以外の仕事にヨガで学んだことを活かしたり・・・。

 

別にヨガである必要はなく、人生に何らかのプラスになるような、

哲学や、コミュニケーション方法を、学んでいるのだと思います。

 

 

最終日の実技テストも、無事に終了し、全員が筆記試験も実技試験も合格!!

 

 

最後に、桑名市で大活躍中の、木村洋子先生に、

笑いヨガのクラスをプレゼントして頂きました。

これはめちゃくちゃ楽しくって、さらに元気になった!
みんなノリノリで大笑いしておりました。

 

4名の生徒さんたち、これからそれぞれの道を歩みますが、

素敵な人生を切り開いていってくださいね♡

 

笑いヨガで来てくださった木村洋子先生、ありがとうございました。

最終テスト時、生徒役で参加してくださった方々も、ありがとう。

 

2019年は、もうひとつ、熊本でも200時間を開催中で、

こちらは15名の生徒さん。5月GWに終了予定です。

 

その後、2019年は200時間の開催は予定していません。

次のトレーニングの開催が決まり次第、またHPにて発表しますね★

at 21:52, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

タイヨガマッサージ

2019年2月〜3月、タイヨガマッサージの25時間トレーニングを開催しました。

 

トレーニングをしながら、これだけ生徒も指導者も、

額面通り、何度も寝落ちした!

というような体験は、これがまさしく、初めてでありました。

 

 

とにかく、

まったり、リラックス、だら〜〜ん、だらだら・・・

でも、最後にはちゃんとマッサージのフローを覚えられました、

という、最高のトレーニングでした。

 

これまでタイマッサージのトレーニングを受けると、

他の生徒さんも同じことを言っていましたが、

内容が難しすぎて、

トレーニングが終わっても、

それを実際に使うことができなかったという声をたびたび聞いていました。

 

このトレーニングでは、

タイマッサージの難しい内容は省きながらも、

仰向き、うつ伏せ、座位、にて、

60分〜90分のシークエンスでマッサージが確実にできるようになる、

しかも、

「自信を持って」行えるようになる、という内容にしてみました。

 

この長いシークエンスはまた、

3つのセクションに分けることも可能であり、

 

60分するのが無理な日は、

3つに分割した1セクションのみを施術するなど、

臨機応変に使えるフローにしてあります。

 

生徒さんたちは、4日間のトレーニングを終えた頃には、

「これならできる」という気持ちになってくれていて、

 

実際に、トレーニング終了後、即、翌日に、

自身の勤めているスパで、施術を始めた方もおられました。

 

今後は、

このシンプルなシークエンスに、

少しずつ、複雑な施術を、入れ込んでいくような、

フォローアップワークショップをしたいなと思っています。

 

今回学んだことがさらっとできるようになったら、

横向きのマッサージも学びましょう。

 

 

何よりも、

トレーニング中に、

いびきをかいたり、

よだれ垂らすんちゃいまっかって顔して爆睡してる生徒や、

指導者の私まで、何回も寝た!

そして、

 

学びながら、

とにかく人生についてのお喋りしたり、

お菓子食べたり!

 

最終日には、

マントラギターで唱える音楽会になっちゃたりしたにも関わらず、

卒業時には、みんなうまく施術できるようになってたので、

 

やぱりがむしゃらにしなくっても、

身につくものは身につくね〜っていう、

楽しい時間となりました。

 

参加された方々、これからタイマッサージで、

更なる、平和な日々を♡

 

at 17:26, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

Hello 2019

皆さん、あけましておめでとうございます♡

Happy New Year!

 

2019年に入ってすでに5日が経ちました。

毎日が、ゆったりゆったり、過ぎて行っております。

 

シャクティモンディヨガは、この2019年6月に10周年を迎えます。

10年、あっという間に過ぎていきました。

 

10年前のまだ若かった頃、

ヨガスタジオを始めて、

生徒さんや仲間や家族と沢山、色々なイベントをしました。

 

それは、それは、毎日がワクワクで、楽しくって、キラキラしていました。

懐かしい、そして愛おしい時代の思い出です。

 

そして2009年は私がヨガ通訳を始めた年でもありました。

(それまでは企業でしか通訳をしていなかった)。

 

毎日がヨガ、ヨガ、ヨガ、YOGA!でした。

 

同時にその頃は、子どももまだ小学生で、

母親、時には父親みたいなことも、一生懸命、でも、楽しくやってたね。

一緒にバーベキューしたり、ローラーブレードしたり、カヌー乗ったり、

アメリカ行ったり、カナダ行ったり、国内も色んなところへ行ったりして・・・。

 

あっという間に、10年経って、

子どもも二人とも、高校を卒業する年となりました。

 

最近はトイプードルのスノーウィと遊ぶ毎日・・・。

上の写真のような感じで自転車でサイクリングへ出かけたりしています。

 

 

2018年は、私にとっては結構しんどい一年だったのですが、

それで、2019年の6月に、色々なことを仕切りなそうと、思っていたのです。

 

そのタイミングが、スタジオオープン10周年のタイミングとマッチしていたことを、

実は、今、気が付きました!

 

 

2009年頃は、とにかく毎日、

エッカルト・トール(Eckhart Tolle)のCD聞いたり、本を読んだりしていました。

また、それを思い出すかのように、最近毎日、YouTubeで、彼のトークを聞いています。

お正月は、エッカルト・トールのトークを聞き、サイモントン療法の本を読みながら、過ぎて行きました。

サイモントン療法は、かなり前に読んだ本だったのだけど、

ふと気になって、また読んでみたら、去年自分の体調が悪かったので、前よりも深いところに、響いています。

 

エッカルトは、

「悪いことがあると、人は目覚める」と言っています。

 

仏教では、苦、と呼びますが、

 

苦しみは大変なものだけれど、

その苦しみのお陰で、人は、「目覚める(awakening)」ことができるのだと。

 

私は自分の経験から、嗚呼、その通りだと、思うのです。

 

「誰もが悪夢は見続けていたくないはず。だから、起きるしかないんだ。」

 

もう、選択の余地がないというところまで、きてしまった、ということなんだろう・・・。

 

目覚めるということは、違う方向から物を見るようになるということであって、

置かれた苦しい状況が変わるということではない。

ただ、その違った方向から物が見えるようになるために、

自分に与えなければならない空間と時間と、「静けさ」によって、

そして、今ある命そのものと共鳴することで、

少しの瞬間でも、自由になれる。

 

エッカルトは、瞑想というのも、

「長く動かないで座るのが得意」なことではなく(笑)、

日常生活そのものを、瞑想的に生きること、

日常生活の中で、それがたとえ、短い時間であったとしても、

"できる限り頻繁に"、静けさに繋がることが大事だと言っていた。

そうすると、無意識に、反応的に、生きることが少なくなる。

 

夕飯作りながら、彼のトークを聞いて、10年前に戻ったみたいな、気持ちになりました。

 

サイモントン療法では、すべての物には意味、価値があると言っています。

 

闇があって、光がある。

夜があって、朝が来る。

ざわめきがあって、静けさがある。

病気があって、健康がある。

すべて価値があり、意味がある。

 

それは、私たちに、何を教えてくれているのか・・・。

 

 

駆け抜けてきた、今までの10年・・・。

そしてこれからの10年。

これからの10年は、もっと、ゆっくり行くことにした。

 

それで年末、軽のバンを買って、後ろを移動式のリビングルームにしました。

犬と色んな所で、移動してお茶飲みながら、のんびりやっております。

 

夕日を見ながら読書したり・・・。

 

スノーウィも昼寝。

 

 

2019年、来週8日から、ヨガのクラスが始まります。

三重と熊本でのヨガ指導者育成コースは、良いペースで進んでいっています。

 

5月に指導者育成コースが終わったら、

6月は1周年だから、何か楽しいイベントを企画しよう!

 

今から楽しみになってきた。

嗚呼、幸せだな、って思います。満たされている。

 

生徒の皆さんや、

スタジオで指導してくれている先生たちと、

楽しく笑える時間を過ごすこと。

自然の中を歩くこと。

そして、自由に、生きることが・・・。

 

Hari Om Tat Sat.

Namaste.

 

 

at 21:52, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -

2018年〜200時間トレーニング 経過報告

ナマステ♡

 

2018年ももう数日で終わりに近づいてきました。

 

今年は三重県桑名市と熊本にて、200時間トレーニングを行っています。

 

桑名市のトレーニングは9月にスタートし、

もう半分経過しております。

少人数でこぢんまり、そしてゆったり、

でも、内容はしっかり。

生徒さんの体も指導も、どんどん研ぎ澄まされていっています。

 

トレーニングでは、

アーサナの練習に加え、

言葉での指導(キューイング)の練習に一番時間をかけていきます。

 

私たちの行うトレーニングでは、

指導者は生徒と一緒にヨガをしません。

 

なぜなら、指導者がヨガをしていては、

生徒の体を観察し、適切に修正することができないからです。

 

世のヨガのクラスでは、

先生が生徒の前に立ち、

ずっと一緒にヨガをしながら指導をしているクラスもありますが、

 

それは先生がヨガをしているのであって、

指導をしているのではないと、考えております。

 

ピアノのレッスンでも、先生が生徒と一緒にピアノを弾いたりはしませんね。

先生は生徒の指使いなどを観察しながら、

必要なことを、修正するはずです。

 

ヨガも同じであり、生徒の体を観察し、

安全に効果的に指導をし、

必要であればクラスを止め、

デモをします。

 

デモとは、自分の体、または生徒の体を使い、

視覚に働きかけながら、具体的に指導することです。

その時、「なぜそれを行うのか」まで説明できると、

更に効果的になるでしょう。

 

 

 

熊本のトレーニングは、11月にスタートしました。

来年の5月まで毎月熊本に出かけていきます。

こちらは、生徒数が15名と私たちにとっては、大きなクラスとなりました。

熊本では11月と12月のみ、ダン先生のアーサナのクラスも入りました。

 

このスタジオは普段はダンスとヨガを教えておられます。

ダンサーが多いため、身体能力の高い人が多いですが、

ダンスによって膝や腰を痛めている方もおられます。

 

ダンスで推奨されている体の使い方と、

ヨガセラピューティック的な体の使い方が必ずしも同じではないので、

そのあたりの調整が課題となっております。

 

 

1月以降のトレーニングは、ダン先生抜きで、

シャクティモンディヨガの私(Kumi)ひとりで進めていきます。

 

2018年前半は、とんでもなく体調を崩し、

三重も熊本も、トレーニングができるかどうか、不安になったこともありましたが、

体調もほぼ回復し、順調に進んでいっています。

 

ただ、体調を崩したことで、人生、考え直したことが、多々ありました・・・。

 

2018年、助けていただいた方々、

ご理解いただいた生徒さんたち、

本当にありがとうございました。

 

いつも、本当に、皆様のおかげ様です。

 

2019年は、全米ヨガアライアンス200時間トレーニングは開催しません。

春から5月くらいにかけて、

タイマッサージのトレーニングと、

ヨガティーチャートレーニングのファンデーションコースを開催予定です。

どちらも5日くらいで終了するコースとなります。

 

次の全米ヨガアライアンス200時間トレーニングは、2020年を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

at 11:50, shakti-mandir, 2. ティーチャートレーニング / YTT

-, -, - -

カナダ ★ 秋のツアー 2018

2018年10月22日~26日まで、

5名の生徒さんを連れて、カナダ、バンクーバーツアーへ行ってきました!

 

 

今回は3回目のツアーでしたが、秋に開催するのは初めてでした。

バンクーバーは10月~春まで雨が多い土地で、

今回も雨になるかと懸念しておりましたが、

ツアー期間中雨が降ったのは1日だけで、

あとはずっと秋晴れの気持ちが良い日々でした。

 

毎朝ホテルから広いビーチと紅葉と青空を見るだけで、

心が洗われる気持ちになります。

 

毎朝ホテルの朝食では、30分の英会話レッスン。

ここで学んだことを少しでも現地で使えるようになって頂けたのではないかと思います!

 

お天気が良いのでスタンレーパークをサイクリング。

 

途中でカフェに寄り、甘いものを食べながら、

約2時間ちょっとかけて回りました。

(公園の大きさが半端じゃない)。

 

 

スタンレーパークでは夕方、ハロウィンのお化け列車にも乗ることができて・・・。

 

 

本物の人間が仮装してお化けになって出てくるのですが。。。

あまり怖くなかったけど、めちゃ楽しかったです。

 

 

その翌日、ホテルの前から小舟に乗ってグランビルアイランドへ行きました。

グランビルアイランドは大きなマーケットで、

野菜、果物、洋服、芸術品、楽器、おもちゃ、

色んなものが売っているかわいいお店が沢山。

 

 

一日だけ雨が降った日はガスタウンへ。

ガスタウンの雨の中の蒸気時計も雰囲気があり良かったですよ!

そして海を渡るバス(Sea Bus)に乗り、ノースバンクーバーへ移動し、

ロンズデールキーマーケットで雨宿り・・・。

 

帰る頃には雨が止み、

ノースバンクーバー側からダウンタウンの高層ビルを見ることができました。

 

 

今回参加してくださった5名の方々、

いつも助けてくれるダン先生、

本当にありがとうございました。

 

ツアー参加者の中には、

カナダでワーキングホリデーをし永住したいと考えている子や、

1ヶ月仕事を休んで来たい!と言ってくれている人たちが出てきています。

 

このツアーが皆さんの人生を、

良い方向、より多面的に生きられる方向へと導いてくれているのであれば、

私もとてもうれしいです。

 

最終日のシルビアホテルは、

紅葉したアイビーに包まれ、輝いていました。

107歳のシルビアホテル。

次回もここに宿泊しますよ!

 

★次回のツアーは2019年の夏と秋を考えています★

 

----

【今後の予定】

2019年の7月以降、サバティカル休暇を頂く予定ですが、

休暇期間を短縮することを検討中です。

7月~10月までは日本での活動はお休みを考えていますが、

11月以降は一般のクラスから少しずつ再開しようと思います。

体調がかなり良くなってきたので、そのように検討中ですが、

様子を見ながら、決めていきますね。

 

2018年は

11月、12月はダン先生のクラスがあります。

また、11月から熊本にて200時間のトレーニングをスタートします。

 

2019年の4月には、タイマッサージ集中コース、

2019年の5月には、ティーチャートレーニングの基礎コース(30時間)

を予定しています。

 

at 14:24, shakti-mandir, 1. スタジオお知らせ/ Studio Announce

-, -, - -